ブログトップ

Yuri's murmur

yurimurmu.exblog.jp

<   2009年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

45周年PARTYのお知らせ

45th Anniversary
TED PAST & COMING DAYS
1964年創業以来45年の月日がたちました。
たくさんの方々との出会いでこの年月を重ねること出来ました。
記念してささやかな会をTED発祥の地で催したいと思います。
懐かしい話、今の話、これからの話、皆様と出来たら幸いです。
10月6日(火)~9日(金)
東京都千代田区外神田3-6-17阿出川ビル1,2F
(駐車場はございません)
最寄駅 地下鉄銀座線末広町徒歩2分、JR秋葉原駅徒歩5分

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
10月6日(火)  PM6:30~
   PARTY
お食事とお飲み物用意して皆様のご参加お待ちしています。
TEDゆかりの元社員、ライダー、チーム員の方に限ります。
  
10月7日(水)~9日(金)AM11:00~PM8:00
    COMMUNE DAYS
3日間TED &JUNが皆様のお越しおまししています。
日ごろウイークディにお会いできないお客様とも・・・
お仕事の合間、後にお立ち寄りください。
[PR]
by yuri-murmur | 2009-08-30 17:37

マイペース

f0207191_15375886.jpg
f0207191_15381897.jpg


最近、某人から私のこと もっとマイペースで暮らしていると思っていたのに
意外だったとご指摘受けました。

そうなんです。
結婚45年交際を入れると半世紀も一緒にいると
ついつい主人のペースに乗っていた方が軋轢なく楽!!

こうなるとなかなか自分ペースで動くことが億劫になる
なにかと孫をだしにしたり・・・・・・

今日は岬町サーフィン業組合恒例の子供の為のサーフィン教室
素晴らしい催しです。天気も波にも恵まれ子供たちが
何十回、何百回、繰り返し波に向かっていく姿を見ていたら
日が暮れかかっているのも気がつかないほど・・・・・

一か月近く滞在した長女家族も東京に帰り
さあー明日からタップリある自分の時間をどう使うか?
課題です。
[PR]
by yuri-murmur | 2009-08-24 15:38

夏の間ご苦労さん

f0207191_22144244.jpg


今夜は家族全員勢ぞろい!

総勢12名、こんなに揃うこと一年に1,2回です。
年末は恒例になってますが。
シーズンさなかなこの時期に003.gif

今年はBBQが一度もなし、阿出川家にとっては歴史的な出来事です。

今夜も最初はBBQと思いましたが、外はむしむし013.gif
蚊の大群に見舞われそうで・・・・・・

家の中で鉄板焼き
一名体調不良の者おりましたが、なんとか無事に夏乗り切りました。
暑い日中、外でのお仕事多い家族ですので
体調管理は重要な課題です。

まだまだ残暑は厳しいことでしょう。
お大事に・・・・・・・・・
[PR]
by yuri-murmur | 2009-08-21 22:14

どなたか?アメリカで留守番役出来る方いませんか?

今朝、カリフォルニア在住の大学時代の友人から電話
彼女たちご夫婦、来月末からあちこち長期の旅に出るので
2~6か月留守番出来る人いないかしら・・・・という相談。
往復の旅費と食事代くらいのお小遣い付き

さあ~私の周りみても海が無いと生きていけない人ばかり

とっても面白い話なので
思わず、私行こうかしら・・・・・・
6か月くらいのアメリカ生活もわるくないな~なんて

どなたか興味ある方いませんか?

恐ろしく山奥です。
ゴールド ラッシュの時代に栄えた町の近くですが
彼女のお家一山まるまるの敷地
もちろん、アメリカ住宅ですので快適ですが
夜はーーーー
寂しさにじーっと耐えられる方募集中です
[PR]
by yuri-murmur | 2009-08-16 12:20

魔法の杖

f0207191_771863.jpg


最近、東京に行くことが多くなった主人
階段の上り下りがつらく、不安ということで杖を購入

電車の中、優先席でも殆んど席を譲ってもらえることなく
若者はタヌキ寝入り・・・・
荷物を置いて二人分なども普通で
こちらからお願いする始末
ふてくされて、ぷいーとどこかに消えますが
逆恨みも怖く、そうそう言えない

席を譲り合うのはお互い老人同士
私なども座席から見上げ
この人、私より年下?年上?
なんて判断して立ったり座ったり

ところが杖をついて電車に乗り込むと
立つは、立つは・・・・・・・・
驚きの反応

この国もまんざらではないと

主人は外国に行くと、いきなりフェミニストに変身
エレベーターの乗り降り、御婦人にお先にと手を差し伸べる
御婦人は主人が障害者とお先にと手を
いつもいつもエレベーター前で、中で譲り合いで時間を取る

こんなことが日常的に訓練されている国に日本もなってほしいな~
[PR]
by yuri-murmur | 2009-08-16 07:07

テーブルコーディネート

f0207191_6554892.jpg

久しぶりに我が家のパラ軍団から解放され一人016.gif


毎日さすがに孫4人、静かな生活が恋しく・・・・・
孫供は只今、ボディサーフィンに無中
全員、みき先生と海へ006.gif
今日は主人も東京の整体に出かけ・・・・・

私は再三ランチのお誘いをお断りしていた飯野晴子さん宅へ
彼女のお宅はサンタフェ風に改造したマンションの一室
この改造をお手伝いしたのが次女のりなの会社プレジャーガーデン
そんなご縁でファミリーなお付き合いさせていただいています

東京のお家と行ったり来たりのうらやましい生活
お仕事のキャリアも素晴らしくお話しが楽しいです

それになんといっても生きてきた時代が同じ
青春時代の話で盛り上がります
大学時代の学生主催のダンスパーティのこと
既製品が無い時代、アメリカの雑誌セブンティーンを見てドレスをあつらえたこと
アメ横に外国製品求めて通ったこと
そう、ティッシュペーパーなるものも、アメ横に行かないと手に入りませんでした
珍しいもの見つけてきては得意になって
・・・・・話はつきません

いつも伺うと勉強になることは、テーブルコーディネートです
おしゃれです
我が家は大家族ですので、ランチョンマットなど買いそろえてはあるのですが
いざ 食事となると号令一下、よーい!スタート ドン 終了!
デザートの果物に至っては誰も譲ることしません012.gif

とくに主人033.gif

そして主人と二人きりの食事は
なにを今更と手抜き・・・・・・・

そんなわけで、静かにジャズを聴きながら
楽しいトークと
たかが蕎麦、されど蕎麦を
頂いてきました
[PR]
by yuri-murmur | 2009-08-15 06:55

やっと夏休みらしく

f0207191_14511117.jpg

f0207191_1451111.jpg

午前中は宿題片付けるのに絶好のどんより天気、こんな時済ませーと号令。みんな素直に従いました。お昼頃日が射し始め全員の意見一致で海水浴。只今ブギーボードに夢中です。よい子には神様もご褒美くださいます。こんな日はそうそうありません。夜は息子と孫の合同誕生日会とか夕飯作りの心配もなし!!それにしても太陽はギラギラだけど風はヒンヤリ、秋風?
[PR]
by yuri-murmur | 2009-08-03 14:51

昨日出会った方々

f0207191_14391026.jpgf0207191_14401950.jpg

左:八代 江津子さんと娘と私         右: 東京陶芸家辻 厚成ご夫妻と石鍋シェフ
[PR]
by yuri-murmur | 2009-08-02 14:42

ナンタケットバスケット

f0207191_21534734.jpg

f0207191_21534776.jpg

アメリカ東海岸ナンタケット島に伝わる伝統工芸品のバスケットを
私の義姉の姪(どういう関係になるんでしょう?)、
八代江津子さんが日本に紹介してから10年!
そのパーティーが西麻布のクイーンアリス迎賓館で開催されご招待で行って参りました。
私達もそうでしたが日本に無い物を普及させるまでのご苦労は大変なものと思います。
日本の伝統、能、茶の湯などとコラボレーションして見事に一つの世界を作っておられました。
パーティーのドレスコードはホワイト&ベージュ、シックな装いに皆さんバスケットが良くお似合いでした。
このバスケットはジャクリーヌケネディ夫人、オードリー ヘップバーンが公式な席にパーティーバッグとして使用し、注目され唯一公式な席で認められている籠だそうです。
今日も夏物の絽のお召し物の方々がいらしてましたがバスケットとのマッチが素晴らしかったです。
お料理は鉄人石鍋シェフ、お席隣合わせた陶芸家辻 厚成氏ご夫妻との会話も楽しく、
今、調べましたら大変高名な方で厚成赤と呼ばれる焼き物の世界を作っていられる方でした。
お話の時代背景から私より10歳くらい上の方と思っていました。、
が、しかし同じ年生まれでした。
5歳くらいから天才と謳われ世の中に認められていたのですね。
私たちがサーフボードメーカーとして認められるきっかけを作ってくださった
高島屋の大蔵部長さんの事など共通の話題もあり、しかし辻さんが高島屋で個展を開かれたのは10歳代だったのですね。
とても素敵なおしゃれをする方で白のタキシードに杖、パーティで目立っていました。
ナンタケットバスケットが
フレンドリーバスケットと呼ばれる由縁が納得出来る夕べでした。
江津子さんも偶然出会ったこのバスケットに惹かれ情熱持って取り組んで来られて今日の成功があると思います。
彼女の作品はナンタケッタの美術館に日本人としては一人展示されているそうです。
何に出会うか誰にだ会うか大切な事ですね。
大方のひとがその出会いに気付かずチャンスを見過ごしてしまうのが常ですものね。

今日改めて痛感しました。
[PR]
by yuri-murmur | 2009-08-01 21:53